調剤薬局で働く薬剤師の復職事情

薬剤師は女性が多い職業です。そのため、結婚や出産、介護などで現場から離れる人も多くいます。しかし、そのような人たちの多くは、ひと段落して自分の時間が持てるようになれば、もう一度薬剤師として働きたいと考えているのです。

 

なかでも勤務時間が短いパートとして採用されやすい、調剤薬局の薬剤師として復職を望む人が多いようです。

 

調剤薬局の薬剤師として復職するときには、不安が多いことでしょう。数年のブランクがあいていて最新の情報が分からなかったり、以前勤めていた時の知識が古くなりすぎているということがあります。

 

また、薬剤師の仕事は立ち仕事がほとんどですので、体力的な不安を訴える人もいます。しかし、このような復職時の不安も、転職先のリサーチと自分の努力で回避できることがほとんどです。

 

転職先には、復職セミナーが用意されているところがあります。薬局見学や業務説明といった初心者でも安心な内容であったり、調剤体験や服薬指導といった実践的な内容であったりと様々です。

 

また、セミナーがない場合であっても薬剤師が多い職場であれば、指導役の薬剤師をつけてくれるというところもあります。新しい情報は、薬剤師向けの情報誌やインターネットで手に入れることが出来ます。

 

日本薬剤師研修センターが認定している研修認定薬剤師は、研修会に出席したり自分で学習するなどといった研修を行うことで認定されます。このような資格を取得することで、ブランクがあっても時代に即した薬学的ケアを行うことが出来るという証になります。

 

体力は1日でつくものではないので、やはり日ごろから体を動かしておくことが大切でしょう。スポーツを趣味に取りいれたり、普段の生活の中でたくさん歩くことを心がけておくと良いのではないでしょうか。

 

ここで1つ注意事項です。インターネットの薬剤師向け転職サイトを利用する人は増えています。転職サイトに登録する時には、そのサイトが取り扱っている勤務形態をよく見ておきましょう。

 

復職を考える人は最初はパートを選択することが多いのですが、中には正社員のみの情報しか扱っていないところもあるからです。