調剤薬局事務|正社員として働くには?

調剤薬局事務の仕事に、正社員の求人があることをご存知ですか?

 

数としてはパートやアルバイトよりは少なくなるため、正社員として働けるなら働きたい!という方も多いと思います。

 

ここでは、調剤薬局事務として正社員で働くことについて、見ていきたいと思います。

 

調剤薬局事務として正社員で働くには?

調剤薬局事務の仕事に就きたいという方は、多くおられると思います。

 

調剤薬局は、今やどこに行っても目にするほど、とても多く建てられています。

 

この調剤薬局にて事務員になる場合、必須となる資格が今のところありません。

 

そのため、極端な話、無資格の状態で今すぐにでも調剤薬局事務となることが出来るのです。

 

ですが、調剤薬局事務にて正社員として働きたい場合には、少し事情が異なります。

 

正社員としての求人を見てみると、多くの場合に、「調剤薬局での勤務経験者」「調剤薬局事務資格取得者」というような記載があります。

 

薬局での勤務経験者という指定がある場合、当然ながら未経験で勤務することは出来ません。

 

そのため、まずはパートやアルバイトなどで調剤薬局に勤務し、ある程度経験してから、正社員の求人に応募するという方法をとる必要があります。

 

また、資格取得者という指定がある場合、いくつかの民間資格の中から、調剤薬局事務の資格を取得する必要があります。

 

講座などを受講して取得できるものもありますので、専門性を身につけるためや、患者さんのためになると考え、ぜひ取得していただきたいと思います。

 

正社員として勤務した場合の給料はどのくらい?

調剤薬局事務として、正社員で働く事になった場合、給料はどのくらいもらえるのでしょうか。

 

実際の求人情報から、3つの調剤薬局を比較してみたいと思います。

 

正社員としての給料

・A薬局:18万円
・B薬局:14万円
・C薬局:16万円

 

3つの調剤薬局を見てみると、それぞれこのようになっていました。

 

こうしてみてみると、高い給料だとは言いがたい部分がありますが、残業などがあまり無く、日勤である点を踏まえると、妥当とも言えます。

 

残業は、あっても月に10時間程度という薬局が多く、家事と仕事の両立も不可能というわけではなさそうです。

 

ただ、完全に自分の生活スタイルに合わせて働きたいという場合、パート勤務の方がおすすめではあります。