調剤薬局事務の役割とは?

病院に行って「お薬が必要」と診断されると、処方箋が発行され「調剤薬局でお薬の処方」を受けることになりますよね。この調剤薬局で働く事務員のことを「調剤薬局事務」と呼んでいます。

 

薬の処方は薬剤師が行いますので、調剤薬局事務はそれ以外のお仕事のすべてを引き受け、サポート的なお仕事をしていくことになると考えて下さい。

 

例えば、調剤薬局にはお茶やお水などが置いてあり、セルフで飲むことができる様になっています。

 

待ち時間が長い場合、こうしたセルフサービスがあるかどうかというのは患者さんが薬局を選ぶ上での大きなポイントになるでしょう。だからこそ、こういったサービス的な部分をサポートする調剤薬局事務の仕事は本当に大切なものになるのです。

 

また、訪れた患者さんの受付をしたり、処方箋の確認をしたり、お薬手帳の発行を行ったり、調剤薬局事務が行うお仕事というのは本当にたくさんあり、ひとつにまとめることはできません。

 

患者さんがどういう治療やお薬の処方を受けたかは「レセプト」に記録されますが、この記録を行うのも調剤薬局事務になります。

 

「気配り」が何よりも要求されるお仕事です

調剤薬局事務のお仕事は、レセプトの記録などの事務作業をよりスピーディーに行うこと。そして、訪れる患者さんに丁寧に接することです。

 

薬局の数は決して少なくはありませんので、その中で自分の薬局を選んでもらうためには接する事務員の対応にかかるぶぶんも大きいでしょう。

 

また、患者さんとしては「安心して通えるような薬局がほしい」と考えます。そんな薬局になるためには、やはり調剤薬局事務がいかに心地い空間に仕立てるかが重要になってくるはず。そういう意味で、調剤薬局事務が果たす役割の重要性がみえてきます。

 

事務作業から接客、室内の清掃にいたるまで、多くのお仕事に携わる調剤薬局事務。やりがいも大きいですし、患者さんを影でサポートするとても大切なお仕事でもあります。

 

残業が少ない職場であることから、働くママにも最適。働きやすい環境に恵まれていることも、調剤薬局事務の人気につながっています。