調剤薬局事務|パートとして働くには?

調剤薬局事務として勤務したいという方も多いのではないでしょうか。

 

調剤薬局は、今とても数が増えていますし、求人数も多くあります。

 

そんな中、調剤薬局事務としてパート勤務で働くことについて、見ていきたいと思います。

 

調剤薬局事務として、パートで働くには?

調剤薬局事務としてパートで働くためには、どうすればいいのでしょうか。

 

まず、調剤薬局事務として就職するために必須とされる資格は、今のところありません。

 

仕事としては、調剤報酬請求業務(レセプト作成)、会計、処方箋入力、患者さんの対応などがあります。

 

調剤については薬剤師が行いますので、調剤薬局事務が調剤を行ったりすることはありません。

 

ですが、事務とはいえど、患者さんが服用する大切な薬を扱うことになります。

 

そのため、必須となる資格はないにせよ、いくつかの民間資格のうち一つを取得しておくことをおすすめします。

 

特に、レセプト作成に関しては、専門的な内容を取り扱いますし、細かい数字などもあります。

 

ミスをすれば返送され、迷惑をかけてしまうことになりますので、やはりしっかりとした知識を持っておく必要があります。

 

パートとして働いた際の給料は?

パートとして調剤薬局事務の仕事に就いた際には、給料はどのくらいになるのでしょうか。

 

いくつかの調剤薬局の給料を、求人情報から比較してみたいと思います。

 

パートでの給料

・A薬局:時給1,000円〜
・B薬局:時給800円〜
・C薬局:時給950円〜

 

パートの場合は時給計算で、このようになっています。

 

パートであっても賞与や昇給があるという薬局もありますし、もちろん無いところもあります。

 

各種手当、有給休暇、交通費支給というような待遇です。

 

パートとして働く場合のメリットは、自分の生活スタイルに合わせて、働きたい時間に働けるという点です。

 

家事と仕事を両立させたいという方にとっては、パートで働くという方法はおすすめでもあります。