調剤薬局事務の年収はどれくらい?

調剤薬局事務として働く場合、年収はどの程度になるのでしょう?安定した業界の職業と言われる調剤薬局事務ですが、では調剤薬局事務の年収とはどの程度なのでしょうか。

 

その地域によって平均年収は変わってきますが、調剤薬局事務の月収は大体13〜14万程度。それを考えると、年収は300〜400万程度と考えて間違いないでしょう。

 

決して高いとはいえない年収ではありますが、調剤薬局という安定した職場で働けることを考えれば「長い目で見れば働きやすく、安心して仕事ができる職場」と評価されています。

 

調剤薬局事務は新しい職種

実は「調剤薬局事務」という仕事自体がとても新しいもので、まだその実態が確立されていないという事情も。調剤薬局事務の仕事は正社員よりもパートやアルバイトで働いているというケースも多いので、一概に年収を出すことは難しいかもしれません。

 

ただ、年収のことを考えなくても「調剤薬局事務」という仕事がここまで注目されるようになったことには理由があります。

 

例えば、家庭と両立させやすい仕事であるということ。一般的に、調剤薬局には残業がないことがほとんどなので、家庭と仕事を両立させたい女性にはぴったりですよね。

 

また、基本的には事務作業なので仕事を覚えやすいというメリットがありますし、訪れる患者さんとコミュニケーションをとりながらお仕事をするという楽しみもあり、やりがいも大きいです。

 

年収や時給以外のところでメリットがあると言えるのではないでしょうか?

 

同じく医療業界で人気のある医療事務も同程度のお給料であることを考えれば、医療関係の事務職というのはこの程度のお給料が一般的なのでしょう。

 

職業を選択する時に大事になるのは、収入の高さよりも「長く続けられるかどうか」。年収が良かったとしても、すぐに辞めたくなるような仕事なら意味がありません。

 

特にライフスタイルの変化が大きい女性にとって、調剤薬局事務という仕事はとてもメリットがあるものになるでしょう。