調剤薬局で働く薬剤師への不満について

調剤薬局の薬剤師に対する不満が、よくインターネットに書き込みされています。その不満の1つが、医師に症状を伝えたにも関わらず薬剤師にも伝えなければならないのはなぜかというものです。中には、他の患者さんがいる前で症状を聞かれたり薬の説明をされて嫌な思いをしたという人もいるようです。

 

調剤薬局に渡す処方せんには、診断内容は書いてありません。よって、薬剤師は処方せんを見て症状を想像することになります。とはいえ、処方せんは完璧ではなく、間違っていることも多いのが実情です。

 

最近ではコンピューターを使って処方せんを書くようになったので、誤って似た名前の薬が処方されるということもあります。間違ったまま投薬してしまえば、患者さんの健康にかかわります。実際、それが原因でなくなってしまったという例もあるくらいです。

 

患者さんから聞き取った症状と処方箋から読み取れる症状があっているのかを確かめるというのも、薬剤師の重要な仕事の1つです。

 

とはいえ、医師の診察の時にはプライバシーが守られるのに、調剤薬局では多くの人の前で症状を言わされたり薬の説明を聞かなければならないというのは、調剤薬局側が考えなければならない問題でしょう。

 

プライバシーが守られる個室を準備するのが一番ですが、設備の問題で難しいのかもしれません。患者さんへの説明は医薬品の情報書を指さしすることで代用することもできます。

 

また、患者さんの側も、対応が悪い薬局の場合には思い切って薬局を変えるといった手段も必要かもしれません。薬局を変えたくない理由がある場合には、症状を書いた紙をメモで渡しておいたり、症状は伝えたくないという工夫が必要になってくるでしょう。

 

調剤薬局の薬剤師への不満への回答は、たいていそれが仕事内容なので仕方ないでしょうということになっています。薬剤師はもっと患者さんへ負担が少ない質問内容を考えるとともに、患者さんの側でも薬局では症状を聞かれて当たり前だという意識を持ってほしいです。