調剤薬局事務として就職する際に気をつけること

晴れて調剤薬局事務の資格を取得できたら、あとはそれを利用して就職や転職をすることになります。

 

でも、調剤薬局事務として就職をするにはそれなりに気を付けなければならないこともあります。

 

どんなところに気を付けたらいいのでしょうか。そのポイントを知っておきましょう。

 

調剤薬局事務の仕事は幅広い

講座では調剤薬局事務になるために「必要な知識や技術」について学びますが、実際に働いてみると必要なのはそれだけではありません。

 

たとえば、やってくる患者さんを笑顔で迎えたり、患者さんが待ち時間に読む本を出しておいたり、セルフサービスのお茶を用意することなども仕事のひとつになってきます。

 

つまり、「ひとつのことをやっていればいいわけではなく、マルチに仕事をこなさなければならない」ということ。一度にいろいろな業務をこなすというのは、やはり気遣いができる人間である必要があります。

 

中には、薬剤師が行う調剤以外は調剤薬局事務が行うというところもありますので「調剤薬局事務になったら、いろいろなスキルを求められる」ということは頭に入れておく必要があります。

 

競争率が高い調剤薬局の世界

以前とは違い、今は大きなチェーン店のドラッグストアでも調剤が行われる時代。このため、調剤薬局の数そのものがふえ、実態は患者の取り合いになっているという指摘もあります。

 

もちろん、調剤薬局を取り巻く環境というのはその地域によってことなりますが、こうして競争率が高いということは「潰れる調剤薬局がででてくるかもしれない」ということにつながらないでしょうか。

 

もしあなたが「生涯にわたって調剤薬局の仕事をしていきたい」と思うのであれば、もしかしたら就職した薬局が競争に敗れるかもしれないという可能性は考えておかなければならないでしょう。

 

また、競争が激化しているという現状から「雇う方剤薬局事務は、新規の患者を顧客に出来る様なスキルを持っていること」を条件にすることも。
雇われる時も、スキルの高さを求められる可能性は大きいです。

 

就職する前もした後も、常に努力が求められる業界であるということは確かです。