調剤薬局事務の給料はどれくらい?

調剤薬局事務の仕事をしたい!と思った時、やはり気になるのがお給料です。どのくらいのお給料がもらえるのか、気になりますよね?

 

ここで、調剤薬局事務がどの程度のお給料をもらっているのかを調べてみました。

 

調剤薬局事務のお給料は高くない?

その地域の最低賃金にもよりますが、調剤薬局事務のお給料は正社員で大体13〜14万ほどが平均の様です。つまり、そこまで高いお給料ではありません。しかし、職業というのはお給料の高さだけで測ることはできないもの。

 

高いお給料ではないけれど、

 

・比較的安定した業界の仕事であるということ

 

・残業などが少ないので、仕事をしやすいということ

 

を考えると、お給料のことを抜いても調剤薬局事務はオススメの仕事と言えるでしょう。ちなみに、アルバイトやパートの時給だと800〜1000円程度のお給料になることが多いです。

 

正社員よりパートやアルバイトでの仕事になることも

調剤薬局事務の仕事は、正社員ではなくパートやアルバイトの仕事になることも多いそう。どちらの待遇なのかはその調剤薬局によりますが、長く働いていれば正社員への道もあるところもありそうですね。

 

パートやアルバイトだと、主婦が家庭と両立をさせながら仕事をすることも可能になりますので、そういった面からも調剤薬局事務の仕事は人気が高くなっていることがわかります。

 

高いお給料を稼ぐことはできなくても、長い目で見ればメリットが多い仕事であるということ。そういうところが、調剤薬局事務の人気に?がっているのではないでしょうか。

 

どんなにお給料が高い仕事であっても、長く続けることが出来なければ意味がありません。

 

調剤薬局事務の仕事は、比較的覚えやすいことや働きやすい条件が整っていることなどをみれば、目指しがいのある仕事だと言えます。

 

多くの人との出会いがあり、さらに人の健康を守る一端を担う仕事でもある調剤薬局事務は、今後も多くの場所で必要とされていくでしょう。

 

そんな調剤薬局事務を、あなたも目指してみませんか?