調剤薬局で働く薬剤師の転職事情

転職する薬剤師は、職場を変えることが多々あります。よくあるのが、病院薬剤師として働いていたけれど、転職で調剤薬局薬剤師になったというパターンです。また、逆に調剤薬局薬剤師として働いていたけれど、転職で病院薬剤師になったというパターンもあります。

 

同じ薬剤師という仕事名がついていますが、仕事内容は全く異なるので転職したての頃はかなり大変かもしれません。

 

病院薬剤師には、調剤だけではなく院内製剤の作成や注射の調剤、入院している患者さんのそばでの服薬指導などがあります。また、医師や看護師などとチームを組み、一緒に医療計画を立てていくなどといった仕事もあります。

 

調剤薬局薬剤師には、調剤はもちろんですが、一般医薬品の知識や接客応対、保険の点数査定にも対応できる知識が必要になります。

 

病院薬剤師から調剤薬局薬剤師へと転職した人は、調剤薬局薬剤師の仕事内容の少なさに驚くと言います。調剤薬局の仕事は、病院での外来向け処方のみの仕事とほぼ同等になるからです。

 

また、処方内容も入院患者と比べると簡単なものが多いため、単調な作業になりがちな処方に対して不満を抱くこともあるようです。思っていた仕事内容と違うと、再び病院薬剤師に戻る人もいると聞きます。

 

一方、調剤薬局薬剤師から病院薬剤師へ転職した人は、病院薬剤師の仕事内容の多さに驚くと言います。また、処方内容の複雑だったり慣れない製剤・注射調剤もあったり、夜勤や日直が回ってきたりと不規則な勤務もあります。

 

やりがいは調剤薬局より多いものの、激務により再び調剤薬局事務に戻る人もいるようです。

 

どちらの仕事を選ぶとしても、いいところや良くないところはあります。病院薬剤師と調剤薬局薬剤師、どちらが優れているということもありません。

 

先進医療に触れたい、患者さんとより多く接したい、自分のプライベートと両立したいなど、自分に合った薬剤師の仕事内容を選ぶのが一番ではないでしょうか。