調剤薬局の求人を探す際に注意すべき点

調剤薬局薬剤師の求人は色々なところで見かけます。パッと見た時にはどこの調剤薬局も同じような求人に見えるのですが、よくよく見ると異なります。それでは、どのような点を注意すればよいのでしょうか。

 

まずは応需している科です。調剤薬局の多くは門前薬局となっており、近くの医療機関の処方せんが一番多く持ち込まれます。よって、仕事内容は応需している科で変わってきます。

 

眼科や皮膚科の門前薬局であれば目薬や塗り薬といった外用薬の処方が主になります。小児科の門前薬局であれば散剤の分包や水剤の製剤といった技術が必要になってきます。

 

大学病院や基幹病院といった最先端の医療を行う医療機関の門前薬局であれば、処方内容も最先端となり勉強が必須となります。自分の好きな科の処方の仕事をしたいのか、最先端の医療に触れたいのかといったことで選ぶと良いでしょう。

 

次に勤務条件です。基本的に調剤薬局は門前の医療機関が開院している時間帯となります。午前9時〜午後6時というのが一般的ですが、地域によっては昼休みを長く取り午後7時までというところもあります。

 

また、最近ではコンビニ同様に土日も関係なく営業したり24時間営業をうたったりしている調剤薬局もあるようです。こういった調剤薬局の場合には、シフト制を採用しているところがほとんどです。

 

しかし、中には残業ありという条件で求人を出しているところもあります。面接の際にきちんと勤務条件を確認しておくことが大切です。

 

最後に調剤薬局の規模です。転職理由として多いのは、職場での人間関係のもつれです。応需する処方箋枚数が少ないと、薬剤師の数も1〜2人と少ないです。一日中同じ人と顔を合わせて仕事をすることになるので、性格的に合わないと勤務時間中ずっと辛い思いをしなければなりません。

 

一方、薬剤師の数が多い調剤薬局だと、他の薬剤師と性格が合わなければ1人で孤立する事態になってしまいます。自分の今までの人間関係の構築の仕方を考えてみながら、調剤薬局の規模を決めましょう。