調剤薬局の求人・転職・募集なら<薬剤師の職場選びガイド>

調剤薬局ではいくつかの職種の人が働いています。ここでは、調剤薬局でよくみられる求人についてご紹介します。

 

1つめは薬剤師です。医師や歯科医師から発行された処方せんに基づき調剤し、投薬を行います。これらの仕事は、薬剤師の国家資格がないと行えませんので、調剤薬局には必ず1人はいます。

 

また、応需する処方せんの枚数によって、在籍しなければならない薬剤師数が決まっています。調剤薬局には必要不可欠な職種であるので、よく求人が出ていますし時給も高いです。

 

2つめは調剤薬局事務です。処方箋をパソコンに入力して計算をしたり、会計を行ったりします。店内の掃除やディスプレイの製作などといった、調剤薬局に関する雑用もこなします。

 

調剤薬局事務として働くのに、資格は必要としません。よって、薬剤師が兼務してこなすことも可能ですが、薬剤師には薬剤師にしかできない専門の仕事に専念するために調剤薬局事務と仕事を分担することがほとんどです。

 

だいたい、この2つの職種の人がいれば、調剤薬局は成り立ちます。すなわち、調剤薬局で働きたいと考える時には、どちらかの職種で応募すればよいということになります。

 

薬剤師として応募するには国家資格が必要ですが、これは6年間の大学での専門的な学習をして資格試験に合格しなければなりません。よって、思いつきで取れる資格ではないので、調剤薬局事務として応募するのが現実的でしょう。

 

一方、最近よく聞く登録販売者は、調剤薬局で求人が募集されることはほとんどありません。登録販売者とは、一般用医薬品のうち第二類医薬品・第三類医薬品を販売できる資格を持つ医療従事者のことを指します。

 

しかし、調剤薬局に必ずいる薬剤師は、一般用医薬品すべてを販売することが出来るため、登録販売者がいる必要はないのです。登録販売者はドラッグストアで重宝される資格です。

 

この資格を持っている人は調剤薬局ではなくドラッグストアに応募したほうがより資格を活かした働き方をすることが出来るでしょう。

更新履歴